ドルチェ&ガッバーナの財布

私が購入したのはドルチェ&ガッバーナの長財布と小銭入れです。以前まではルイヴィトンの財布を使用していたのですが、当時から周りに同じような財布を使っている人が多く、別の財布にしたいなと思っていました。希望としては、高級感のある財布であり、革を使用しているものをと考えていましたが、なかなか自分が探しているような財布はありませんでした。グッチみたいに柄が多く入っているような財布は好きではなく、またポールスミスのような柄をみて一目見でわかってしまうような財布も好みではなかったもので・・・

ちょっと変な考えを持っていた私ですが、デパートの1階に大きなスペースを取って店舗展開していたドルチェ&ガッバーナにふと入ったのが財布を購入したきっかけでした。私が気になった財布は、黒い革で出来ている長財布でカードの出し入れがしやすそうな形の財布でした。今まで、自分自身で小銭入れが付いていない財布を持ったことがなかったので、小銭の入らない財布はどうなんだろう、と初めは購入するつもりはありませんでした。

しかし、すぐ横に置かれていた、同じような素材の小銭入れを見たときに、この小銭入れとの組み合わせで買うと格好良いと思ってしまいました。長財布は財布外面の表や裏に「D&G」というロゴがあるわけでもなく、表の下部に謙虚そうに「Dolce & Gabbana」と書かれており、その面持ちに惹かれました。小銭入れも少し茶色が掛かった革を使用していて、ジッパーで開け閉めをするタイプでした。

コーディネートこれらを使えば使うほど味が出てくる革のように見え、店に入ったときは全く購入する気はなかったのに、購入してしまいました。使い始めて4年以上経ちますが、特に欠陥と思うところはなく、満足しています。特に、私はパンツの後ろポケットに長財布を入れることが多く、電車の中や車の中でも自分の体重で押し付けてしまっていますが、それで変な跡が残ったり財布が傷ついたりということもなく、自分のライフサイクルの中でも満足している小物の一つになっています。

関連する記事はこちら