チョイ悪ファッションの勧め

チョイ悪ファッションとは、ダンディーでお洒落、そして少し遊び心を加えた大人の男性ファッションを称します。チョイ悪オヤジという造語が出現し、若い女性達の間でジローラモなどがもてはやされたのは少し前の事ですが、昔から女性は「不良っぽい男子」に憧れるものなのです。男性のファッションスタイルも、現代では多様化されており、コンサバスタイルは勿論のことボーイズカジュアルやストリートファッション、また夜を思わせるようなホスト系ファッションや原宿系などのビジュアル系ファッションなど様々です。

コーディネート自分の好きな格好をするのは落ち着きますし楽しいものですが、しかし女性にもてたいと思っているのであれば、女性受けする「チョイ悪ファッション」をお勧めします。(ファッション雑誌では「LEON」が特に有名)

トータルコーディネートで見た際に、全てが「悪」になってはいけません。それこそスカル柄だらけだったり、やたらとあちこち肌が露出していたり、また全身高級ブランドやジュエリーなどで固めるのはNG!女性も引いてしまいます。

では、どうしたらチョイ悪ファッションが実現出来るのでしょうか。

それは抜け感を作ることです。

どこか一箇所でよいのです。かっちりスーツで固めつつ、例えば足元を素足にローファーにするなども、あの浮名を流した有名男性芸能人が定番としているスタイルです。チョイ悪には、どこかポイントによい意味でのだらしのない隙を作ることがスタイルを作るうえでの鍵となります。また、ハリウッドスターをお手本にするのもよいです。セレカジではありませんが、外国の男性セレブの休日ファッションはまさに、チョイ悪ファッションに近いものがあります。ブラットピットやサッカー選手のベッカムなどがしているスタイルはチョイ悪の極みです。

では、具体的にどのようなコーディネートがチョイ悪ファッションなのか例を挙げてみましょう。

欠かせないのはやはり帽子です。中折れ帽はもはや定番ですが、あえてハンチングなども素敵です。そしてトラッド系のオヤジ靴、きちんと磨かれた上質の皮を使用したローファーはお約束のアイテムとなります。基本的に、ボタンダウンシャツにネクタイはあっても無くても構いませんが、あえてお洒落に蝶ネクタイなどにしてもよいですね。ネクタイピンに遊び心を加えて、女性受けする可愛らしいものをチョイスしてもよいかもしれません。

また、小道具としてのだて眼鏡も、知的さ漂う中の悪さが女性心をくすぐります。季節によってパンツの素材も変えましょう。春夏ならば麻素材がかえって軽さとリラックス感を感じますし、ざっくばらんなパンツにかちっとしたローファーのアンバランスさがかえって素敵なコーディネートになります。

夏ならば、Tシャツを着たいところです。これにただジーンズを合わせるのは時代遅れ、膝丈のチノパンにこだわりのあるデザインベルトを合わせて、大き目の洒落たサングラスに帽子と手首にはごついバングルなどがリラックス過ぎない夏らしいファッションになります。

秋冬は、やはり定番ですがジャケットです。チョイ悪ファッションをするには最も欠かせないアイテムですが、これもなるべく体のラインにフィットする小さめタイプが素敵です。だぼっとしていると途端に垢抜けしない印象を与えます。

チョイ悪ファッションをすれば、一割増し素敵にダンディに見えること間違いありません。女性は根っからの遊び人や不良は嫌いですが、真面目さやインテリの中にちらりと覗かせるチョイ悪にミステリアスな奥深さを感じ、もっと彼を知りたいという欲求から恋に落ちるものなのです。

関連する記事はこちら